突然のトラブルに慌てない|鍵に関する詳細を知ろう

丸ごと取り替えるのが安全

ドア

落とした鍵を拾われたら

家族に高齢者がいる場合など、散歩や買い物の途中で鍵を落としたりどこかへ置き忘れたりすることはままあることです。そんなとき、誰か悪意のある人間が拾った鍵を使って留守宅に侵入するようなことがあってはと不安になるでしょう。そのような場合には、全体的な鍵交換という方法がおすすめです。鍵ごと交換してしまえば、落とした鍵を拾った誰かが悪用しようと思っても不可能になります。しかしここで多くの人が「そうはいっても、鍵交換って高いんじゃ・・」と心配するようです。ところが鍵交換にかかる費用は安ければ一万円以下に抑えることもできます。もちろん、鍵交換に用いる鍵のグレードによって金額に開きが出てくるので、希望する鍵のタイプと照らし合わせて決めるようにするとよいでしょう。

ピッキング以外にも注意

空き巣事件などでよく話題に上るのがピッキングです。そのため、ピッキングに備えようと鍵交換を希望する人はたくさんいます。築年数が30年とか40年とかになる家に住んでいる人も多いですが、やはり古い家になるほど鍵の防犯性という面では脆弱性が問題となってきます。こうしたことから鍵交換を行って、ピッキング対応仕様の新しいタイプの鍵に付け替える人が増えてきているのです。ただし、ここでひとつ注意した方がよいことがあります。それは、ピッキングに対応している鍵であっても物理的なダメージによる破壊には弱いこともあるということです。防犯用の鍵の中には、ピッキングに強いだけでなく物理的な破壊に対しても防御機能の高い製品があるので、そうしたものも考慮に入れて選ぶのがよいでしょう。