突然のトラブルに慌てない|鍵に関する詳細を知ろう

防犯のための鍵の交換

ウーマン

空き巣を防ぐ新しい鍵

最近は鍵交換をする家庭が増えています。その理由はピッキングによって鍵を開けられ、盗みに入られるケースが多発しているからです。特に古い住宅などは鍵も古いのでプロの泥棒の手にかかると簡単に開けられてしまいます。それを防ぐためにも鍵交換が必要なのです。注意するべきことは鍵の種類の選び方です。日本国内で最も多く使われているのがピンタンブラー錠です。これは鍵の内部に6本のピンが入っており、キーを差し込むとピンが上がって開くようになっています。ピッキングの被害に遭いやすいのがこの鍵です。新しく交換する場合、同じピンタンブラー錠では防犯効果がなくなります。ピッキングに強いディンプルキーにした方が安全性は高くなります。

鍵を2つにする防犯効果

鍵交換で必要なことは、その地域で被害に遭っている鍵の種類を知ることです。地域の鍵交換業者に尋ねれば教えてくれます。それがわかれば被害に遭いにくい鍵に交換した方がメリットは大きくなります。また鍵交換をする場合、もうひと工夫して鍵を2つつけると防犯効果が上がります。空き巣などは鍵をこじ開ける時に手間がかかるようなドアは敬遠します。鍵が2つあると手間がかかるので空き巣よけになります。この他にも夜間に自動的に点灯する照明器具を設置するなどの工夫も必要です。ドアに近づくだけでライトが点灯するので、このような防犯設備があると空き巣よけになります。また防犯カメラを見やすいところに設置しておくだけで、防犯意識の高い家だと思われて空き巣を遠ざける効果があります。防犯カメラで人気があるのはネットワークカメラです。ネットワークカメラはネットと接続されているので遠隔でリアルな映像を見ることができるため人気があります。